糸魚川

風の強い日になりました。
世田谷公園をランニングしていても土埃に悩まされました。

平成10年2月4日、駒場で10棟が全焼、22棟が被災した大火災がありました。
現在一部目黒区の防災公園になっています。

ここは道の狭い木造密集地帯にある北面下がりの崖地で、世田谷区内にもこのような木造密集地域かなりあります。


先日、糸魚川の火災現場を見てきました。

かなり雪が降っていたので隠されたところもあると思うのですが、ものすごい状況でした。

山を越えて吹く乾いた強風(「姫川降ろし」、南南西の風、瞬間最大風速27.2m)が歴史ある街並みの被害を拡大させ、海岸まですべてを北に向かって焼きつくしたのです。

地元の方の「とにかく手がつけられなかった・怖かった」など当時の様子を聞き、世田谷区も防災対策をさらに力を入れていかなければならないと感じました。

1定でまた防災の質問をします。